パーソナルカラー診断だけでは分からなかった究極のツールで             あなたを一目置かれる存在に導きます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
# 基本となるもの
先日の文化の日。
近所からくっきりと富士山が見えました!
空気が綺麗でなにやらいい予感です♪

そう思っていると、
都内デパート様から洋服についての講座の依頼を頂きました。
ありがとうございます(^^)

さて、洋服を分ける時、コーディネート用語とは別に
パーソナルカラーのツールが用いるケースがありますが、
パーソナルカラーのツールを使うと一目瞭然で分かりやすいと個人的に思っています。

しかし、残念ながら「色」や「一般的なシーズンのコーディネート」の知識しか
伝えてられていないので、売り場で洋服に落とし込む際、
行き詰まるケースが見受けられます。
だって、売り場の洋服はパーソナルシーズンにのっとって作られたものではありませんから、
パーソナルカラーだけの知識だけでは限界があるのです。
その結果、パーソナルカラーにいい感情をお持ちの方が少ないのはそのせいかもしれません・・・。
(*これは、実際にパーソナルカラーを受けられたお客様にも当てはまることです。)

私はパーソナルカラーをあくまでもツールとらえていて、
それよりももっとベースとなる部分を伝えたいと思っています。
それは、その方の個性を洋服の生地感、デザインなどで生かす方法です。
私はこれを知って洋服選びがとても楽しくなりました♪

もっと便利に使えるツールを考えていますので、お披露目できるまで
お待ちくださいね(^^)
スポンサーサイト
【2009/11/05 17:53】 | 私の仕事について | トラックバック(0) | コメント(0)
<<友人たちのオススメ講座 | ホーム | 10月23日にお問い合わせくださったY.Kさまへ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://stylishcolor.blog38.fc2.com/tb.php/392-6e65bd25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
プロフィール

すず

Author:すず
鈴木順深(かずみ)

★ファッションセラピスト


広島県出身
東京都昭島市在住

●活動拠点

東京都内
関東地区
広島県広島市
他地域も出張も可能です。

4名集まれば出張可能です。
*出張費用は別途必要です。

2010年10月現在
広島市:2名様ご希望です。


【業務内容】

生まれ持った資質・才能を
開花するために様々な
メニューをご準備しています。
セッション後は
「私はこれで良いんだ!
これが私なんだ!」と思える
ことでしょう。

●本来の自分に戻る「マイカルテ」
●60分無料ご相談

を行なっています。
どれがよいか迷われる際は
ご遠慮なくご相談下さい。



●自分は一体何者なのかを
 知りたい方
●パーソナルカラーが分かったけど
 しっくりこない方
●自分らしく生きたい方
●自分らしいファッションを
 知りたい方
●洋服の選び方が分からない方
 がセッションを受けてくださって
 います。

本当の自分を知ると、
毎日がもっと楽しく自分らしく
生きることができます。

どんなことをしているの?
と思われる方は是非、
お客様の声
ご覧いただけましたら嬉しいです。

パーソナルカラー診断
ファッションアドバイス
ヘアメイクアドバイス
お買い物同行
ヘアサロン同行
カウンセリング
アロマリーディング
講師業
元看護師
心理カウンセラー
認定ビジョンセラピスト

★プライベート★

エンジニア&バイクが趣味の夫と
ワンパク盛りの小学2年生の息子と
3人暮らし

【セミナー・講師実績】

・株式会社A2(エーツー)
 スタイリストスクール講師 
・都内百貨店にて講師
「パーソナルカラー診断」
「クライアント様のヒアリング方法」
「春夏秋冬タイプの
パーソナルスタイリングの方法」
 など
・広島SOHO`クラブ
「流行に惑わされないために」
・広島市佐伯勤労青少年ホーム
「自分流着こなし術」
・美人創造塾
・H青年会議所
「好印象を与える方法」
・「男磨き塾」開催
・竹原商工会議所
「着こなしセミナー」
・雑誌 WINK 
・RCCラジオ出演 など

最近の記事

コメント

カテゴリー

トラックバック

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

相互リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。